車 高く売る ライフ

ライフ

ホンダのライフには2つのモデルがあります。世代の数え方としては繋がっているものの、この2つのライフは別な自動車と言っても良いくらい離れたものとなっています。

 

初代のライフが登場したのは1971年のことで、こちらは2ボックス型のセダンとハッチバックのワゴン・バンとなっていました。実はこのライフは、ホンダの乗用車の基礎が確立された時期のモデルということもあり、それまでにあった自動車と比較しても優れたものという評価を受けていました。

 

そんなライフですが、1974年には製造を終了することになります。そしてホンダの軽乗用車は、1985年にトゥデイが発売されるまで長い間空白となってしまうわけです。

 

1997年になってから、2代目トゥディの基本コンポーネントを流用したトールワゴンという形で、2代目ライフが登場します。こちらが現在も販売されているライフの最初のモデルと言っても差し支えはありません。

 

その後、ライフはフルモデルチェンジを繰り返していくのですが、2003年に販売開始された4代目からは丸みを帯びたデザインのものに変わりました。そして現在は2008年発売開始の5代目ライフが販売され続けています。

 

5代目はエアバックの改善や運転のしやすさが配慮されているなど、これまでのライフと比べても格段に自動車としての性能が向上しています。デイリー・スマイル・テクノロジーというコンセプトのもと、使いやすい自動車として現在も多くの人に愛されている自動車なのです。
車を高く売る方法

最終更新日
8月16日 07:11