車 高く売る レグナム

レグナム

かつて三菱が販売していたレグナムという自動車について紹介していきます。この自動車は同社のギャランをベースに開発されたステーションワゴンです。

 

レグナムについて簡単に紹介すると、1996年にフルモデルチェンジを行ったギャランのステーションワゴンバンです。このように書くと身も蓋もないように思えますが、もちろんさまざまな点でギャランとの差別化が行われています。

 

ギャランとの違いとしては、ルーフレール装着車は車高が30mm高くなっており、リアが延長されることによってラゲッジスペースが拡大されているという点があります。ただしこれはあくまでもギャランと比較した場合であって、競合車種と比較して特別に広いというわけではありませんでした。これは得にプラスとなっているように見えないかもしれませんが、競合車種と比較してスポーティな印象を受けるというメリットもありました。

 

レグナムはギャランのフルモデルチェンジと同時に登場し、その後6年間にわたって販売が続けられていました。途中でマイナーチェンジを行いデザインが行われましたが、その時にエンジン部分も手が加えられて2.0と2.5のエンジンが廃止されます。

 

ちなみにレグナムとギャランに搭載されているエンジンは、世界初の超希薄燃焼を可能にしたガソリン直噴エンジンです。さすがにここまでのことを知っている人は一般層にほとんどいませんが、レグナム、そしてギャランという自動車の特徴としては欠かすことができません。

 

最終的にレグナムは、同社のランサーワゴンが販売開始されたことによって生産を終了します。
車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザ

最終更新日
1月16日 20:11