車 高く売る マークU

マークU

マークUは、トヨタ自動車を代表する車でした。1968年から2004年という実に36年もの間、販売が続けられていた自動車です。

 

この自動車の名前を聞いたことがあるという人はたくさんいると思いますが、その名前の由来まで知っている人はなかなかいません。そもそもマークUがあるならマークTがあるのではと思う人もいますが、実はこれはコロナが該当します。

 

小型セダンであるコロナをスポーティに高級化させた自動車。つまりコロナマークUというところから、この自動車の名前は付けられているのです。

 

初めて登場した時はコロナマークUだったのですが、1984年に登場した5代目からはトヨタ・マークUと名前が変わります。ちょうどこの頃から、単独でマークUと呼ばれるようになるわけです。

 

その後、1992年から販売開始された7代目のマークUからは国内専用車となり、全車3ナンバーボディになるという変更がされたこともありました。ちなみにこのモデルですが、それまではバブル経済のまっただ中だったこともあって2台続けてプラットフォームを一新したのですが、バブルが崩壊したことによってコストダウンを余儀なくされたというエピソードもあります。

 

最終的にマークUは、2000年発売の9代目まで販売されていきます。後継車としてはマークXが登場しており、その長い歴史に幕を閉じます。ちなみに派生モデルとしてはマークUクオリスとマークUブリットがあり、こちらはステーションワゴンモデルとして1997年〜2002年と2002年から2007年まで販売が続けられていました。
車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
1月9日 21:48