車 高く売る バサラ

バサラ

日産のミニバン型自動車であるバサラについて紹介していきます

 

この自動車が登場したのは1999年のことです。名前の由来はサンスクリット語のヴァジュラから来ているのですが、「バサラ」という単語になると日本でもある程度親しまれています。日産ではこれまでにたくさんの自動車を販売してきましたが、その中でも珍しい名前を持ったもののひとつとして数えられる車です。

 

バサラ自体は同車のルネッサのプラットフォームを元に開発された、プレサージュと共通したパーツが特徴です。エンジン、シャーシ、ボディなどはプレサージュと同じものです。そしてそれに対して、フロントマスクやテールランプがバサラ特有のものとなっています。

 

この自動車の名前を聞くと、かなり特徴的なフォルムをしているのではないかと思うかもしれませんが、名前の割りには普通の自動車と言える外見をしているのも特徴の1つです。

 

自動車としての使い心地になりますが、ボディのサイズの割りに大人数で乗れるというところや、足回りがしっかりしているところがあげられます。ただボディは大きめなので、小回りを重視する人の場合は迷いどころかもしれません。

 

バサラはどちらかというとマイナーな自動車になるので、車外品のパーツがほとんどないという欠点もあります。マイナーだからこそ目立つという見方もできますが、こちらもその人の好みによってどちらを重要視するのかが変わってきます。全体的にバランスの取れているミニバンなので、悪くないという評価を受けています。
車高く売る.trivia.jpに戻る

最終更新日
1月9日 21:48