車 高く売る ピノ

ピノ

ピノは、日産自動車がかつて販売していた自動車です。スズキのOEM供給を受けて販売してる自動車です。

 

スズキの6代目アルトをベースにして、ピノは登場しました。そのため同様にマツダへOEM供給されていた5代目キャロルと姉妹車になる自動車です。はじまりは、日産がスズキとの間で完成車の相互供給に関する提携強化策を発表したことであり、その一環としてピノがあるわけです。

 

ピノ自体は、その名前や見た目からも分かるとおり、男性よりも女性層をメインターゲットとしている自動車です。さらには値段設定を日産の販売する自動車の中で一番安いものとすることで評判を得ました。

 

ある程度に人気を得ることには成功したのですが、ベース者であるアルトやキャロルがフルモデルチェンジをする中、ピノはそのまま旧型を販売室続けるという状態が続いていました。その後、2010年にカタログラインアップから消え、販売を終了することになります。
もともとOEM供給を受けて販売している自動車自体は、そこまで長く販売され続けることがない自動車です。ピノが実際に販売されていた期間は3年間であり、自動車の販売期間としても、それほど長くないものでした。

 

自動車としては一定の評価を得ていたのですが、それでもさまざまな要因が重なることによって短命な自動車として終わってしまったのは残念なことです。ちなみにその名前の由来はピノキオからとられているということですが、あまり知られていません。
http://車高く売る.trivia.jp/

最終更新日
1月9日 21:48