車 高く売る ピクシススペース

ピクシススペース

トヨタのピクシススペースは、ダイハツ工業が製造してトヨタが販売するという形で提供されている軽トールワゴンです。これがどういう意味かというと、ダイハツからOEM供給を受けて販売している自動車というわけです。ちなみにOEMされているのはダイハツ・ムーヴコンテです。

 

ピクシススペースが登場したのは2011年のことです。この時点で日本の自動車販売は、若者の車離れなどが原因で伸び悩んでいました。しかし一方、値段が安く維持費も安いということで軽自動車は人気があり、トヨタとしても軽自動車をラインアップに加えたいという狙いがありました。そこで登場したのが、ダイハツからのOEM供給を受けたピクシススペースだったというわけです。

 

この自動車は、基本的にエンブレム部分以外はムーヴコンテと同一のものとなっています。装備内容や補償内容も同一ということでしたが、装備面で差別化されています。OEM供給を受けると言っても、たいていはもっと分かりやすい違いが出てくるものですが、ここまで同一の自動車として販売されるケースは珍しいものです。

 

ちなみにピクシススペースの登場にあたり、トヨタはダイハツ販売会社から批判を受けることになりました。OEM供給に当たっての問題と言うことですが、これに対して販売格差を緩和するべく対策が行われたわけです。現在も販売が続けられているピクシススペースですが、じつはこういったことも起きていた自動車だったというわけです。
車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
1月9日 21:48