車 高く売る ビアンテ

ビアンテ

マツダのビアンテは、同社のボンゴフレンディ以降にマツダのラインアップから消えていたワンボックス型のミニバンです。ライバル他社がファミリーを中心にミニバンで人気を博していたことから、プレマシーをベースに開発された新しいミニバンというわけです。

 

ビアンテのフロント部分は、とても特徴的なデザインとなっています。これは歌舞伎の隈取りを意識したものとなっており、鋭さが目立ちます。かなりメリハリのあるデザインとなっているところだけが注目されがちですが、ガラス面積を大きく取ることで視認性にも考慮したデザインとなっているわけです。

 

インテリアにもこだわりをもっており、広さと扱いやすさを両立したものとなっています。シートは後方へ行くごとにヒップポイントが高くなるようになっているため、どのシートも前方視界が得られやすくなっています。わずかな工夫のように見えますが、実際に乗ってみるとこれがどれだけ凄いことかはすぐに実感できます。

 

2012年からはフロントデザインを変更し、シグニチャーウィングが採用されます。デザインテーマは新たに「魂動(こどう)」とされ、ビアンテの特徴はそのままにパワーアップを果たしたかのようになっています。

 

単純にデザイン面でのおもしろさがあるだけではなく、快適さでも高い評価を得ている自動車として、ビアンテは成功している自動車と言えます。しばらくは国内専売車だったのですが、2012年からはインドネシア向けに精機輸出が開始されて人気を得ています。
車高く売る.trivia.jpに戻る

最終更新日
1月9日 21:48