車 高く売る 方法 ネイキッド

ネイキッド

ダイハツのネイキッドは、その名の通り「むき出しの素材感」をデザインテーマにした自動車です。ちなみにネイキッドには、裸、むき出し、ありのままといった意味があります。

 

はじめてネイキッドが登場したのは1997年のも東京モーターショーでした。しかしこの時は販売予定はない出展だったそうです。しかし思っていたよりも反響が大きく、その後販売が決定したというわけです。

 

コンセプトカーとして登場したこの自動車ですが、当然のことながらそのまま発売するわけにはいかず、神経自動車規格に合わせて手直しはされています。しかしそれでもコンセプトカーのスタイルはほぼ踏襲したものになっており、他には無いデザインと相まって大きく注目されました。

 

この自動車の特徴は、なんと言ってもそのデザインにあります。拓いたで直線的なパネルに鉄板のような4枚のドアは、レトロな雰囲気と当時の自動車にはない珍しさを持ったものとなっています。

 

こういった珍しい自動車の場合、好きな人はとことんは丸野ですが、世間一般から受け入れられるかどうかは未知数という問題があります。それはこのネイキッドにも当てはまり、実際の売上台数はそれほど多くありませんでした。

 

特殊なデザインをした自動車だからこその良さはあり、自動車としても優れているのですが、一般受けするかどうかは別問題というわけです。そのため2004年には販売を終了してしまいます。その登場経緯を考えると、何とも残念な結果になってしまった自動車です。
車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
8月16日 07:11