車 高く売る チェイサー

チェイサー

トヨタ2001年まで販売を続けていた、チェイサーという自動車について紹介していきます。
チェイサーが販売開始されたのは1977年のことです。この時は日産が販売していたスカイラインの対抗馬として開発されたという経緯があり、トヨタにおいてはマークUやクレスタの姉妹車として登場しました。ライバル車のことも含めて若いユーザーをターゲットにしています。

 

1980年からは2代目のチェイサーが登場します。この大からは4ドアセダンと4ドアハードトップのみの販売となり、アバンテという最高級グレード車が設定されます。こちらはハーダーサスペンションやミシュランタイヤが盛り込まれています。

 

ここで気づくかもしれませんが、初代のチェイサーは若者向けだったのですが、2代目からはその方向性を変えて、年輩ユーザーも視野に入れた仕様に変わっていきます。その後も代を重ねていくチェイサーですが、再びスポーティ路線へと戻っていきます。その最たる例は、最終モデルである6代目です。

 

1996年に登場した6代目チェイサーは、それまでのモデルと比べても姉妹車間で最もスポーティな位置づけとなっています。そんなチェイサーですが、最終的には2001年に生産・販売が終了することになり、その歴史に幕を閉じることになります。

 

これまで販売されたチェイサーの中には、さまざまなモデルがありました。そんな中には、今でも若者から人気が有るものもあるなど、チェイサーが多くの人から愛されていることがよく分かります。
http://xn--y8j9f245jj98b4um.trivia.jp/

最終更新日
1月9日 21:48