車 高く売る 方法 シーマ

シーマ

日産自動車が販売する高級セダンのシーマについて紹介していきます。

 

シーマが登場したのは1988年のことです。この時は初めの1年間で36,400台が販売されました。この時代は高額商品に対する旺盛な需要が見られ、その象徴としてシーマがあり「シーマ現象」と呼ばれていました。

 

初代のシーマは好調な出だしだったのですが、2代目が発売されてから流れが変わってきます。この時は景気が後退するといった影響もあったため、販売数が減少することになりました。

 

シーマは同社が販売していたセドリックやグロリアの、さらなる上級仕様として登場したという経緯があります。1988年の販売当時はハイソカー(高級自動車)ブームのまっただ中にあったということもあり、前述したとおり人気の車種となりました。同車の特徴としては、これまでにあった国産車種とはかけ離れたデザインです。

 

2代目のシーマが登場したのは1991年のことで、同時に海外輸出が行われるようになります。さらには2001年にフルモデルチェンジを行っての3代目が登場。ドアミラーウィンカーを国産車で初めて採用したのが、このシーマです。

 

現在販売されているのは5代目シーマで、2012年に販売が開始されました。こちらはハイブリッドモデルとなっています。このモデルが登場するまでは2年ほど空白の期間があり、日産としては高級車を再投入することでブランドイメージの向上を期待しています。

 

軽自動車に人気が集まる中であえて投入されたということもあり、日産を代表する自動車として今後も期待されています。
車高く売る.trivia.jp

最終更新日
1月9日 21:48