車 高く売る 方法 サファリ

サファリ

かつて日産自動車が販売していた、サファリという自動車についての紹介をしていきます。

 

サファリが登場したのは1980年のことですが、発祥は1951年に発売された4W60型パトロールまで遡るとされています。乗用車として用いられる車ではありますが、他にも消防車として使われているということもあることから、どんな自動車だったのかは想像できるのではないでしょうか。

 

初代のサファリは1987年まで生産が行われていましたが、その後は2代目が登場します。こちらは大きくも出る血園児が行われており、全車1ナンバー登録のバンタイプとなりました。さらに1997年からは3代目のサファリが登場します。

 

3代目はY61型にモデルチェンジが行われ、ここからは消防車仕様が廃止されることになります。しかし山岳救助車として採用されることもあり、一般乗用車としてだけではなくさまざまな用途で使用されるというところに違いはありません。また愛知県警自動車警邏隊がパトカーとして採用もしています。

 

そんなサファリですが、2002年8月に日本国内向けの販売を一時休止します。再開されたのは3ヶ月後の11月からで、マイナーチェンジが施されての販売再開となりました。

 

その後、2007年6月になってサファリは販売を終了します。しかし実際のところは海外名のパトロールという名前で生産と輸出が続けられています。こういうタイプの大型自動車は、日本国内よりもむしろ海外の方が需要はあるというわけです。
車高く売る.trivia.jp

最終更新日
1月9日 21:48