車 高く売る ギャラン

ギャラン

三菱のギャランは、1969年から販売されている自動車です。ここではどんな自動車なのかというところに焦点を当てて紹介していきます。

 

ギャランが初めて登場した時は、コルト・ギャランという名前でした。従来のコルトとはまったく異なるコンセプトの4ドアセダンとして登場し、そこでつけられたサブネームがギャランだったというわけです。その後、1973年に販売された2代目からギャラン単体での名前になります。

 

3代目のギャランは当時の国産車にはないヨーロピアン調デザインが特徴となっており、高い人気を得ました。そしてそのデザインは4代目にも受け継がれています。5代目からは駆動方式がFFになり、日本国内だけでは無く海外からも高い評価を得ています。

 

その後もギャランは代を重ねていきますが、1996年から2005年の間に販売された8代目で日本での販売は終了します。これはギャラン自体が悪かったというわけではなく、セダン型上昇車需要自体が低迷したことが原因となっています。そのため三菱は日本における中大型セダン市場からの撤退を決定し、販売終了に至るわけです。

 

ちなみにギャラン自体が終了してしまったかのように見えますが、海外仕様のギャランは9代目が販売を続けられています。また日本仕様のランサーがギャランフォルティスという名前で販売が続けられており、ギャランの血脈はまだまだ続いているというわけです。

 

後者はさすがに別の車と言えるものですが、ギャランファンからすれば海外仕様の9代目を手に入れるのも、ひとつの楽しみ方かもしれません。
車を高く売る方法

最終更新日
1月9日 21:48