車 高く売る キャバリエ

キャバリエ

トヨタから販売されていたキャバリエについて紹介していきます。この自動車は1996年から2000年の4年間にわたって販売が続けられていた2ドアクーペおよび4ドアサルーンです。ラインアップとしては、キャバリエ・クーペとキャバリエ・セダンがありました。

 

キャバリエが発売された経緯は少々変わっていて、日本とアメリカの間で起きていた自動車の輸出型から来る貿易摩擦の緩和をはかるためでした。これがどうして貿易緩和に繋がるのかというと、ゼネラルモーターズのシボレー・キャバリエをOEM供給で受け、日本仕様に変更してトヨタが販売していたわけです。

 

こういった経緯を持つことから日本での人気はそこまで高くならなかったのではと考えてしまうかもしれませんが、輸入車としては低価格設定であり、CMが評判なことから一定の知名度を得ることに成功しました。

 

しかし実際にどれだけ売れるのかというのは、知名度とはまた別な問題です。キャバリエ自体の売上はそこまで高くなく、当初予定していた5年間の販売計画を前倒しする形で輸入が打ち切られ、トヨタのキャバリエは市場から姿を消します。

 

キャバリエ自体は悪い車というわけではなく、価格から考えれば良い車ではあったのですが、輸入車であるということなども含めて日本での販売台数はそこまで高くならなかったというわけです。ただし日本国内では2000年に販売が終了するのですが、アメリカでは2005年まで販売が続けられていたそうです。
http://xn--y8j9f245jj98b4um.trivia.jp/

最終更新日
1月9日 21:48