車 高く売る カローラスパシオ

カローラスパシオ

カローラの派生車種であるカローラスパシオは、ミニバン型の自動車です。この車が登場したのは1997年のことであり、2007年までの10年間販売が続けられていました。

 

カローラのコンパクトサイズとして登場したカローラスパシオの初代は、4人乗りのものと6人乗りのモデルが設定されていました。一番の特徴はそのデザインで、曲面が主体なことからまるで雲形定規のような印象を受けるものになっています。カローラにはさまざまなバリエーションがあるのですが、その中でも際だったデザインを持ったモデルと言えます。

 

その後、さまざまな特別仕様車の登場やモデルチェンジを行い、2001年から2台目のカローラスパシオが登場します。2代目では大きくデザインが変更されており、曲面部分は少なくなりました。その代わり重量感のあるどっしりとした印象を受ける車となっています。また、こちらのモデルは3列シートの7人乗りとなっているのも特徴です。

 

最終的にカローラスパシオは、2007年にその歴史を終えることになります。これはカローラスパシオよりもシエンタの方が居住性に優れるということが一因となっており、後継車種としてはパッソセッテ画あります。

 

スパシオ自体は悪い車ではありませんが、3列目シートをユーザーがほとんど使うことがないことから、他の車に差をつけられることになったのが一番の原因となっています。もちろんこれは全てのユーザーからそう思われているというわけではありませんが、販売競争なのだからしかたないと言えるかもしれませんね。
車高く売る.trivia.jp

最終更新日
1月9日 21:48