車 高く売る 方法 カルディナ

カルディナ

車を高く売る方法

 

かつてトヨタ自動車が生産していた、カルディナについての情報をまとめていきます。

 

カルディナはコロナバンとカリーナバン/サーフを基にして統合して作られた車です。これらは商用バンでしたが、1989年に登場したスバルのレガシィのヒットに刺激されて作られたという経緯から、商用バンではないステーションワゴンとして販売されたわけです。

 

ちなみにカルディナが登場したのは1992年ですが、ワゴンタイプは1997年まで、バンタイプは2002年まで販売が続けられていました。もちろんこれは初代モデルでの話です。1997年からは2代目のカルディナが登場しています。

 

2代目が1997年まで登場したのに、バンタイプが2002年まで販売されていたのは、単純に併売されていたからですそれだけ人気があったということですが、これらは2002年発売の3代目でモデルが統合されます。

 

3代目のカルディナからは全車が3ナンバーとなり国内専用車となります。そしてこれが、カルディナの最終モデルになります。これまではディーゼルエンジン版があったのですが、3代目からはガソリンエンジンのみとなったのも特徴となっています。

 

カルディナが、その歴史に幕を閉じることになるのは2007年のことです。その後しばらくの間はトヨタのステーションワゴン自体が無い時代が続き、2011年にアベンシスワゴン(国内専用車となってからの輸出モデル)が輸入販売されるまで、実に4年もの間続くことになります。

 

トヨタのステーションワゴンファンからすれば、ようやくといったところですね。カルディナが復活したわけではないというところが残念かもしれませんが。

最終更新日
1月9日 21:48