車 高く売る 方法 カリーナ

カリーナ

トヨタのカリーナは2001年まで生産・販売されていた小型乗用車です。

 

もともとカリーナは、カローラから派生した車種です。このあたりのことは、名前を見るだけで何となく想像できる人も多いのではないでしょうか。初めて登場したのは1970年の頃で、この当時のカリーナは大ヒットから7年間も販売が続けられたという実績があります。

 

その後、1977年にフルモデルチェンジを行って2代目が登場しますが、3代目のカリーナがパリ=ダカールラリーに参戦して完走を果たしたということで知名度が向上したということもあります。

 

5代目の頃からデザインに丸みが帯びてくるようになり、以降はそのデザインが主流となっていきます。1992年登場の6代目からはボディサイズが大型になるということがあったのですが、当時としては高い燃費性能から人気がありました。

 

1996年に登場した7代目が、カリーナの最終モデルとなります。この時は4ドアセダン飲みの販売で国内専用車となっていました。カリーナがその歴史に幕を閉じることになったのは、後継車であるアリオンが登場したからです。

 

度重なるマイナーチェンジとフルモデルチェンジを繰り返してきたカリーナは、31年間もの間販売が続けられてきました。後継車のアリオンは時代の流れとしてデザインがかなり丸みを帯びたものになったので、ひと目見ただけでは後継車には見えないかもしれません。しかしその長い歴史の中で培われたものは、確実に受け継がれています。
車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
1月9日 21:48