車 高く売る アコードツアラー

アコードツアラー

アコードという名前が付いた自動車には、数多くの種類があります。その中でもステーションワゴン型のモデルは、ホンダ・アコードツアラーという名前で製造・販売されています。

 

初代モデルが登場したのは1991年のことで、この時はちょうどアコードが4代目の頃です。この頃は日本国内で開発してアメリカで現地生産が行われていました。その後、2代目はアメリカ法人で開発・生産が行われます。

 

アコードツアラーは3代目になってから日本で開発・生産が行われるようになります。これはなぜかというと、アメリカでステーションワゴンモデルが廃止されたためです。

 

ちなみにここまでの話は、厳密に言うとアコードツアラーのことではありません。その全身モデルとなるアコードワゴンについての話なのです。4代目までが作られてからは、5代目としてアコードツアラーという名前で販売されるようになるわけです。

 

この時はちょうど2008年であり、日本でもステーションワゴンが販売低迷していた時代でした。そのこともあって欧州仕様と同じアコードツアラーという名前で再発進したわけです。

 

「ニッポンをおもしろい方へ連れて行け」というコンセプトで作られたアコードツアラーは、室内幅を拡大しつつも安全性の向上にも力を入れられており、これまでに販売されてきたアコードワゴンの良いところを持った自動車となっています。現在も細かなモデルチェンジが行われており、多くの人から愛されている自動車です。
車を高く売る方法

最終更新日
8月16日 07:11