車 高く売る アクセラ

アクセラ

マツダの乗用車であるアクセラは、日本国外ではマツダ3という名前で知られています。この自動車が登場したのは2003年のことで、現在も販売が続けられている自動車です。

 

アクセラは、それまで長年にわたり親しまれてきたファミリアに代わる世界戦略車として開発された経緯があります。そのため日本国内だけではなく、海外でもこの自動車を知っている・持っている人たちはたくさんいます。

 

この車自体は小型乗用車に分類されているのですが、日本国外も視野に入れて作られたこともあってボディは大きめです。他社の小型乗用車と比較しても一回り大きいため、ミドルセダンに相当するとされているのです。

 

初代のアクセラは2003年から2009年の間に生産・販売されていました。最初は欧州仕様のマツダ3から作られ、日本仕様のアクセラ10月15日からの販売となっていました。そしてその結果は欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことからも大成功と言えるものでした。

 

その後、2009年からは2代目のアクセラが登場。再びカスタマーの期待を超えるという開発コンセプトによって作られた同車は、ボディサイズはほとんど同じであるものの足回りを一新することによって、新しい車という印象つけることに成功しました。

 

その後もマイナーチェンジをくり返し、現在もアクセラは多くの人たちが利用する自動車として親しまれています。マツダの中核車種であることからも、今後さらに力を入れていく自動車として期待されています。
車高く売る.trivia.jp

最終更新日
10月22日 23:11