車 高く売る アヴァンシア

アヴァンシア

ホンダのアヴァンシアは、北米仕様アコードを基にして開発された国内専売車種です。そのフォルムやコンセプトは、アコードエアロデッキを彷彿されるものがあると知られています。

 

アヴァシアのデザインはアーチキャビンフォルムと呼ばれているもので、4ドアクラブデッキと呼ばれていました。後にこのデザインは、オペル・シグナムに影響を与えたと言われています。

 

なぜこういうタイプの自動車が登場したのかというと、それはRV並のゆとりある室内空間を持ったポストRVが求められていたということが背景にあります。実際にアヴァンシアが登場したのは1999年のことですが、この当時はこういった流れがあったというわけです。

 

ちなみにアヴァンシアが販売されていた期間は短く2003年までとなっています。車種としては失敗と呼べるものではなかったのですが、それでも商業的にはあまり成功しなかったことが理由のひとつです。またこれ以外にも、オデッセイのフルモデル・チェンジにともなう車種整理・統合の対象となったことが理由となっています。

 

商業的には難ありという評価を受けた自動車ですが、後に登場するホンダ車にさまざまな技術が搭載されていく等、ホンダにとっては大きな意味を持つ自動車であったと言えるでしょう。

 

それまでにはなかった斬新なコンセプトなど見るべきところはたくさんあるのですが、それらが美味く発揮されなかった自動車であると言えるかもしれません。

 

車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
10月22日 23:11