車 高く売る インプレッサ

インプレッサ

スバルのインプレッサといえば、多くの人に知られている車種のひとつですが、ここではそのインプレッサがどういう自動車なのかについて紹介していきます。

 

はじめてインプレッサが登場したの派1992年のことです。初めて登場した時はレガシィの下位モデルという位置づけでしたが、世界市場ではスバルの世界戦略車としての役割を担っていました。

 

初代のインプレッサは、ステーションワゴンの進化形としてのスポーツワゴンという形で登場しました。販売期間は1992年〜2000年と長く、日本の小型車としては珍しい自動車です。それだけ商品力が高かったということになります。

 

その後インプレッサは新モデルが登場しますが、2代目も2000年〜2007年と長く販売が続けられて今した。そして最終モデルとなる3代目ですが、これは2011年まで販売が続けられました。

 

ここでインプレッサはその歴史に幕を閉じると思いきや、実は2007年から登場したインプレッサWRX STIというモデルが販売を続けられます。しかしこのモデルは、2010年からインプレッサの名前がなくなり、スバル WRX STIという名称で販売されます。ただし正式名称にはインプレッサの名前が残り続けています。

 

純粋な意味でのインプレッサというわけではないかもしれませんが、インプレッサ自体はまだまだ続いている自動車です。昔からの熱心なファンもいるため、多少古いモデルでも人気がある自動車なところも特徴です。http://xn--y8j9f245jj98b4um.trivia.jp/

最終更新日
1月16日 20:11