車 高く売る インテグラタイプR

インテグラタイプR

ホンダを代表するモデルのひとつにインテグラがあるのですが、そのスポーツバージョンとしてインテグラタイプRがあります。

 

初代が登場したのは1995年のことです。この時は3代目インテグラの派生型として登場しました。スポーツ型ということでスピードを追求する仕様になっているのは言うまでもありませんが、軽量化のためにさまざまなものが外されているのが特徴のひとつです。

 

初代インテグラタイプRは、エアコン、オーディオ類、リアワイパー、遮音材が省かれている仕様です。もちろん搭載することもできるのですが、標準仕様でここまで削られているというわけです。また、今後登場する2代目も含めて、世界最速のFFと言われています。

 

2001年に入ってから初代から2代目へと移ります。デザイン面で大きく変更があり、エンジンは初代を上回る性能のものが使われています。しかし衝突安全性を重視したためボディが100kg以上も増えてしまうということがあり、ファンからは不満の声がありました。

 

パワフルで重量もあるという点で燃費は考慮しないものと思われるかもしれませんが、2代目インテグラタイプRは、スポーツカーとしては比較的低燃費であるという特徴があります。

 

元になったインテグラ自体もクーペ型乗用車のニーズが減ったことから生産終了になりましたが、これはインテグラタイプRにも当てはまります。しかし現在も愛好家が数多くいるのは、さすがと言えます。
車を高く売る方法

最終更新日
8月16日 07:11