車 高く売る インテグラ

インテグラ

ホンダのインテグラの登場は1985年のことでした。この時は同社のクイントがフルモデルチェンジをしての販売となっており、クイントインテグラという名前がつけられていました。

 

初代モデルは1989年まで販売が続けられましたが、その後2代目へモデルチェンジした時にデザインを大幅に変更します。そしてここから名称が単独でのインテグラになるわけです。ちなみにこの2代目は1989〜1993年に販売されていたのですが、今でも愛好家がいるくらい人気の高いモデルです。

 

そして1993年からは3代目へとフルモデルチェンジが行われ、2代目の4年間よりも倍の長さである8年の間製造販売が続けられました。しかし実際のところ、日本国内では初期型の人気が振るわないという結果に終わります。その後、ヘッドランプを変更することによって再び人気が出たという経緯があるのです。

 

インテグラの最終モデルとなるのは、2001年から2006年の間に販売されていた4代目です。この車両は7代目シビックとプラットフォームを共有しており、さらにはプレリュードと統合されたという形で登場しました。

 

インテグラは今でも熱心な愛好家がいる自動車ですが、クーペ型車両の市場低迷の影響もあってか2006年に日本での生産が終了されました。

 

ちなみにインテグラには別バージョンのモデルもあり、こちらも高い人気があります。日本国内だけではなく海外でも人気があり、ホンダを代表する自動車の1つと言っても良いでしょう。
車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
10月22日 23:11