車 高く売る アスカ

アスカ

アスカはいすゞ自動車から販売されていた中型セダン車のことです。その初代は1983年に登場しました。

 

この自動車は、同社のフローリアンの後継車として発売された経緯があります。ただし1990年から登場した2代目からはOEM供給を受けての販売となりました。これはGMのグローバルカー構想が中止となったことから、いすゞも開発費用負担が厳しい状況であったことが背景にあります。

 

その後もいすゞのアスカはホンダとOEM契約を結ぶことによって販売を続けていきます。この自動車は、いすゞが最後まで販売を続けていたセダンであり、ジェミニが廃止されてからも販売が続けられていました。そう考えると、思っていたよりも人気があった自動車であったと言えるかもしれません。

 

アスカという名前自体は、日本人にとってはなじみがある響きです。しかし自動車の名前としては、かなり珍しいものになります。多くの人が見落としていることですが、自動車の名前に和名が使われることはほとんどありません。そういった意味で、いすゞのアスカは珍しい自動車と言えるかもしれません。

 

ちなみにいすゞ中古自動車販売では、アスカのガソリンターボモデルに特別装備を加えてカゲムシャーというサブネームで販売をしていたことがあるそうです。さすがにそこまでいくと遊びすぎという気もしますが、それくらいインパクトのある名前というのも味があるかもしれませんね。

 

最終的にアスカは、いすゞの乗用車事業完全撤退とアコードのフルモデルチェンジによる影響から販売中止となりました。
http://xn--y8j9f245jj98b4um.trivia.jp/

最終更新日
1月16日 20:11