車 高く売る アイシス

トヨタ自動車が販売しているアイシスは、とても特徴的なボディをしています。それは何かというと、左右非対称であることです。

 

通常自動車は左右対称のデザインをしていることが多いのですが、アイシスは完全に日本国内専用車として設計されていることから、左側通行用に設計されているというわけです。

 

このアシンメトリーデザインの特徴は、助手席側には柱が無く開放的な開口部となっていることからも分かります。これは左側ドアがドア内臓ピラーとなっていることから成り立っています。

 

社名の由来はエジプトの豊穣の神であるイシスから取られているもので、その名前をすぐに連想する人は多いのではないでしょうか。ガイアの後継者というポジションにあることも、この社名の由来になっていると考えられています。ただし実際にはまったく新規に開発したミニバンということで、トヨタ自体は後継車としての存在を否定しています。

 

アイシスが発売されたのは、2004年からです。アシンメトリーデザインのボディ以外の特徴として、前方に障害物があってもステアリングの角度で回避可能な場合はアラームが鳴らず、ステアリング感応式のクリアランスセンサーがオプションとして用意されているというものがあります。

 

最新モデルは2012年10月23日に発売されたモデルの特別仕様車「L"G-Edition"」です。この「L」をベースにしたモデルはこれまでも数多く販売されており、アイシスの中でも特徴的なもののひとつとして知られているわけです。

 

車を高く売る方法※知らないと大損する裏ワザに戻る

最終更新日
8月16日 07:11